【グランドブダペストホテル】 73点

73点
おとぎ話な映画

ウェス・アンダーソンの映画は『ザ・ロイヤル・テネンバウム』『ムーンライズ・キングダム』『グランド・ブダペスト・ホテル』の3作品しか見てないんだけど、この人の作品は見る度にファンタジー色が強くなっている気がするわね。この映画は特に『お話し感』が強くなってる演出だわわ。

ウェス・アンダーソンの作品はストーリーじゃなくて、あの世界観を楽しむものよね。そんな監督のミステリー・コメディだって言うから「ミステリー⁉」と思って見てみたんだけど、いつも道りのウェス・アンダーソン作品だったわ。

大まかな筋は、グランドブダペストホテルのお得意様であるマダムDが殺されて、マダムDと親密だったホテルのコンシェルジュであるグスタヴが容疑をかけられて大変だったんだわ~という話しが、グスタヴの弟子だったゼロから語られて、それを小説家が聞いて…な映画なんだけど、調べると元ネタになった作家への監督のメッセージが込められているみたい。

これも良かったけど、ワタシはロイヤルテネンバウムの方が好きなので点数はちょっと低め。